膝人工関節置換術

 

 膝人工関節置換術は、いたんだ関節を機械の関節(人工関節)に換える手術です。

原因となる病名は変形性膝関節症や関節リウマチで、関節の軟骨がなくなり痛みがでます。

手術は強い痛みのため日常生活に支障をきたす、あるいは膝の痛みのためにやりたいことができない場合に行います。

ただし、手術を決めるまでには、患者さんが筋力強化訓練などのリハビリを頑張っても痛みがとれない、

あるいは、関節の動きがよくならない場合に限られます。

 

 人工関節は金属とプラスチックで構成され、骨との接着は骨セメントを用います。

関節面が人工物で置き換わるため、破壊された関節から生じていた痛みは消失します。

それにより筋肉にも力が入りやすくなるので階段の上り下りや歩行がしやすくなります。

リハビリは手術後2日目から開始します。

 

 入院期間は、3週間から4週間で、不安を出来るだけ少なくした状態で退院していただきます。

手術後数日は車椅子での移動となります。次第に歩行器、杖歩行、杖なしと進めていきます。

また退院後の生活や自宅周辺の環境を想定しながら、

階段や床への立ち座りなど、各々の生活に合わせたリハビリを行います。

 

 退院後は、週に1~3回のペースでリハビリを行います。

日常生活をよりすごしやすくするためにリハビリで動作の獲得などを行っていきます。

入院時と退院後ともに、並行して、日常の生活がよりしやすくなるために、

膝の可動域の改善や筋力強化をおこなっていきます。

リハビリの期間は手術後3カ月を目処に行います。

 

手術トップページへ戻る