双愛整形外科 院長 / 医学博士

中村 博行 (なかむら ひろゆき)

生まれ育ったわが街 「宝塚」 この地で、地域に密着した医療、高度な先進医療を行うことが院長の夢でありました。 双愛整形外科は、最新の診断装置や手術施設、経験豊かなスタッフにより構成されています。 スポーツによるけがや障害はもちろん、患者さんそれぞれのニーズを満たすべく努力しております。スポーツの試合が近いが故障してしまった・・・。
けががきっかけでもとのパフォーマンスを発揮できない・・・。
双愛整形外科にご相談ください。
可能な限り、患者さんの訴えに耳を傾けていきたいと思います。

 

日本整形外科学会整形外科専門医

日本整形外科学会認定スポーツ医

日本医師会認定健康スポーツ医

日本体育協会公認スポーツドクター

 

昭和58年 大阪大学整形外科入局、大阪府立成人病センター整形外科

昭和59年 大阪大学特殊救急部および、整形外科

昭和60年 星ヶ丘厚生年金病院整形外科

昭和62年 大阪逓信病院(現NTT大阪病院)整形外科

平成3年 大阪厚生年金病院整形外科医長

平成7年 双愛整形外科 開院

 

 

リハビリテーション室より

 

主任 理学療法士 酒井 隆

学生時代は大学まで野球部で、現在は社会人のクラブチームで硬式野球を続けています。

整形外科一般のリハビリのほかに、野球によるケガや投球障害などの治療を担当しています。

スポーツ現場で得ている経験や知識、競技特性の理解と、医療現場での経験を融合し、

スポーツ現場と医療を繋ぐ役割のできる理学療法士を目指して、日々精進していきたいと思っています。

 

 

理学療法士 大久保 伸祐

私も学生時代にサッカー、アメリカンフットボールをしており、

その時のケガでリハビリの大切さを学びました。

スポーツ選手から一般の患者様まで、

幅広い理学療法を提供できるよう日々努力してまいります。

 

 

 

理学療法士 中田 みずき

患者様の声に耳を傾け、お一人お一人のニーズに合った

リハビリテーションが提供できるよう努力してまいります。

患者様が笑顔になっていただけるよう頑張ってまいります。

 

 

 

 

放射線科より

放射線科技師長 前田 良彦

当科の目標は、”きめ細かい、やさしい医療を”です。

患者様を第一に考え、被爆をできる限り低くし、

診断価値の高い画像を提供できるよう日々努力しています。

 

 

 

看護師より

看護師のほとんどは、大病院の最前線で活躍していました。

でも私たちの目指す医療は大きな病院では到底できない

人とのコミュニケーションを何よりも大切にする、きめ細かい医療サービスでした。

そんな思いを胸に、双愛の精神 「患者様と共に悩み、共に喜びたい」 が生まれました。

同じメンバーが外来から入院・手術まで一貫して看護します。

いわば整形外科スペシャリストナースです。